スマホ版サイトに切り替える

お片付けコンシェルジュMENU

法人様向け

WEBでのお申込み

お電話でのお問い合わせ

ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください

0120-954-150

平日10:00~18:00

Webでのお問い合わせ

実例から学ぶお片付け術

カリスマアドバイザー中山真由美のお片付けブログ

インブルーム株式会社について

お片付けコンシェルジュ関西ブログ

お片付けコンシェルジュFacebook

お客様事例のご紹介

  • サービス料金について
  • プラン診断
写真で見るお片付けコンシェルジュ

お片付けが身に付くお子様スペース

状況と<br /><br /> ご要望 ・東京都 H 様宅

・ご主人・奥様・お子様(女の子2歳)3人家族

 

リビングにおもちゃを置いているが、雑然としてしまっている。

出来るだけスッキリとさせたい。

おもちゃが増えるばかりで、どうして良いかわからない。

書斎などの他のスペースもお願いしたいが、

初めての利用なので、「お試しコース」を利用。

Before
After  
作業のポイント1

ぬいぐるみ

とにかく溢れていたぬいぐるみ類。

お子様が本当に好きな、可愛がっているモノだけに厳選しました。

収納は手持ちのフタ付きのかごを、ぬいぐるみのおウチに活用。

コツはかごいっぱいの量にせず、余裕を持って収納すること。

戻すのが難しい小さいお子様も、カンタンに元に戻すことが出来ます。

作業のポイント2

「お手伝いごっこ」コーナー

ミニキッチンは、以前はモノにまみれて横向きに置いてあったので、

遊びたいときに一人で出せず、ママに出してもらっていました。

お皿や食材などのおままごとグッズも、バラバラで

どこに何があるかわからなかったので、

かごでひとまとめにし、キッチン下スペースに収納しました。

おもちゃの「ダイソン」も、すぐそばにおいて、いつでもお手伝いごっこができるように

まとめました。

作業のポイント3

セットで遊ぶおもちゃ

こちらの画像の消防車にはいろいろパーツがあり、組み合わせて遊ぶモノとのこと。

大人が上手に収納すれば、車の中に全部入るのですが、

小さなお子様には、戻すのが難しいモノです。

そんな場合は、無理やり詰め込ませず、新たにざっくり放り込めるようなかごを準備。

まだ字の読めないお子様には、ラベルも絵やマークにするなど工夫を。

お客様のご感想 2歳の娘とともに、家族3人で過ごす時間の多いリビング。
とにかく子どものオモチャや絵本、着替えなどの
効率的な収納方法が分からず、
お部屋は常に雑然とした状態でした。
今回サービスを利用して、不要なものを
処分、人にあげる、もう少し考える、と3段階に分類。
本当に必要なものかどうかを冷静に見極め、
効率的にモノを減らすことが出来ました。
さらに100均小物を使って整理整頓。
より使いやすさを重視した収納方法を伝授していただきました。
今後は、教えていただいたお片づけのコツを家族で共有し
子どものしつけにも活用していきたいと思っています。
本当にありがとうございました。
 
WEBでのお申し込み

ご不明な点についてはお気軽にお問い合わせください。

平日10:00~18:00


WEBでのお問い合わせ

ご不明な点についてはお気軽にお問い合わせください。

平日10:00~18:00